ジェルネイル全盛の時代。
ネイリスト就職を考えるなら、JNAジェルネイル検定は必須だと言われています。
初めてジェルに触れる人も、ジェルネイル経験者も、試験に合格するなら「検定対策コース」を利用しましょう。
スピーディに合格を目指せるだけでなく、技術が職場で大いに役立ちます。

ジェルに特化した「ジェルネイル検定対策コース」

ネイルスクールの数あるコースの中でも、「ジェルネイル検定対策コース」ほど、実戦で役立つものはありません。
ネイリスト検定を取得し、カラーリングやアートがプロ並みだったとしても、「ジェルネイルができない……」では、仕事になりません。
ネイルサロンによっては、ネイリスト検定よりもジェルネイル検定の方を重要視しているケースもあります
「指名されるネイリストになりたい」 それなら必ずジェルネイル検定を取得しておきたいですね。

ジェルネイル検定には、初級中級上級の試験があります。
ネイリストとして活躍するなら、最低でも中級、できれば上級を目指しましょう。
どんなジェルネイルへも対応できるネイリストになれば、多くの顧客を掴めますよ。

JNEC検定と同時に学ぶのが近道

ネイリスト検定とジェルネイル検定。
「どちらを優先して取得したら良いの?」 と迷っているかもしれません。

二つの検定は決められた月に開催されています
そのため、どれだけ急いでも、検定合格までにはある程度時間がかかるもの。
だからこそ、同時に進めることが重要です。
1月4月7月10月に行われるネイリスト検定を視野に入れながら、6月12月のジェルネイル検定合格を目指す。
そうすることで、二つの資格を早く手に入れられますよ。

「一日も早く、プロのネイリストとしてデビューしたい」 それなら、同時に進められるコースを選んでくださいね。
効率的な受験の順番は、スクールへ問い合わせできます。
入学前に、取りたい資格、取りたい期間を相談してみましょう。
明確な予定を立てることで、学習意欲がぐっと沸き上がりますよ。
日程が決まったら、一つ一つ課題をクリアしていきましょう。

さいごに

これからネイリストを目指すなら、是非取得しておきたい「JNAジェルネイル検定」取得しておけば、現場で存分に腕をふるえますよ。
ジェルネイル検定を持っている人材は、サロンからの信頼も抜群
将来店長や、幹部、JNA認定のネイリスト講師などを目指す際にも役立ちます。