ネイルスクール入学時から、認定講師試験を目指しているネイリストは少なくありません。
「ネイルがとにかく好き!」という方なら、講師という選択肢は当然ありですよね。
「ネイルの勉強をするなら、認定講師合格まで狙いたい」そのために必要な、資格条件などをチェックしていきましょう。

画像出典元:https://www.nail.or.jp/nintei/nintei-koushi.html

認定講師になるには資格条件クリアが必須

認定講師の試験は、誰でも受験できる訳ではありません。
日本ネイリスト協会が、ネイルの普及や教会の発展を目的とし、試験を行っている認定講師。
その門は狭く、受験するまでに多くの準備が必要となります。

<認定講師試験受験に必要な資格>

認定講師試験を受験するために必要な資格は、
「ネイリスト技能検定試験1級合格」
「ジェルネイル技能検定試験上級合格」
「ネイルサロン衛生管理士の資格」
の3種類。

特に、ネイリスト検定1級は、難関と呼ばれる試験ですが、ネイリストとして活躍するためには必要な資格。
講師の道を選ばなかったとしても、必ず役に立ちますので、是非チャレンジしてみましょう。

<認定講師試験受験に必要な条件>

認定講師試験を受験するためには、
「ネイリスト検定1級合格から1年以上経過していること」
「プロネイリストとしての実務経験」
「JNA個人正会員であること」
「受験日に満二十歳を超えていること」
「ネイリスト協会発展に尽力できること」
「JNA認定校を卒業していること」
「仮合格者説明会、条件付合格者勉強会へ必ず参加できること」
「日本語でコミュニケーションできること」
「過去3年以内に全日本ネイリスト選手権、プロフェッショナル部門ネイルケア、またはフレンチスカルプチュアに参加していること」
といった、多くの条件が求められます。

あまりの数に尻込みしてしまうかもしれませんが、大丈夫です。
JNA認定校であるネイルスクールを選び、実務経験を積んでおけば、後は簡単な条件ばかり。
一日も早く講師になりたい場合は、就職保証のあるネイルスクールを選ぶことで、すぐ実務経験を積めますよ。

認定講師対策コースで試験対策を

認定講師になるためには、もちろん試験へ合格しなければいけません。
JNA認定講師から学べるJNA認定校を選んでいくと、合格率がぐっとアップしますよ。

試験に合格した先輩からの授業は、どれもためになる内容ばかり。
実際の経験を交えながら、効率の良い勉強法やテクニックを教えてもらいましょう。

画像出典元:https://www.nail.or.jp/nintei/list/index.html

さいごに

難しいからこそ、チャレンジしたくなるのが認定講師試験。
「ネイルが好きで、ネイル以外の道は考えられない」 という方にとっては、その過程のすべてが楽しくて仕方ないでしょう。
認定講師になるために大切なのは“諦めないこと”。
憧れのスクールで、自分が授業している姿を思い描きながら、一歩一歩進んでいきましょう。